OCR独自の取り組み|理学療法学科|大阪リハビリテーション専門学校

大阪リハビリテーション専門学校 OCR

OCR独自の取り組み

OCR
ならでは

OSCE(オスキー)

一人ひとりの課題を見出して丁寧に指導

オスキー

OSCE(オスキー)とは、客観的臨床能力試験のことで、学生の技能および態度が一定の基準に到達しているかを客観的に評価する目的を持っています。
試験は実際の医療現場で行われていることを想定して、模擬患者も参画する実践的なものとなっています。
本校では開校当初から実施しており、独自の工夫を凝らした内容で学生一人ひとりの課題を明確にし、効果的な指導を行っています。