学科案内|大阪リハビリテーション専門学校

大阪リハビリテーション専門学校 OCR

学科案内

さぁ、理学療法士・作業療法士へ。
一生の仕事の土台をつくる3年間がはじまります。

即戦力として臨床の現場に立てるよう、学校全体で学習を支援。
理学療法・作業療法のプロとしての技術・心を鍛え、磨きます。

理学療法士と作業療法士との違いについて

  • 理学療法士

    理学療法士が行うリハビリの目的は「基本動作の回復・維持・悪化予防」であり、 障害や後遺症のある「部位」に着目して、運動的手段による運動療法や物理療法(電気刺激・マッサージなど)を手法として用い、基本動作(起き上がり・筋力強化・在位保持・車いす移乗・歩行等の基本的動作の反復訓練)の回復訓練を行うリハビリの専門家です。

    医療・福祉分野をはじめ、健康増進、スポーツ医学、スポーツトレーナーなどの分野にも活躍の場が広がっています。

  • 作業療法士

    作業療法士の行う作業療法は、理学療法のリハビリで基本動作が回復した患者に対しても行いますが、主に「応用動作と社会適応のための能力回復」、つまり日常生活をスムーズに送るための複合的動作を可能とする訓練を行うリハビリ専門家です。

    日常動作である「生活活動(食事、料理、掃除、読書等)」の訓練及びレクリエーション(遊び、スポーツ)や、更には職業前訓練(就労に向け、作業能力・耐久性・集中力・正確性等の向上を目標とした訓練)や創作活動(手工芸等)を手段として用います。また、身体機能のリハビリのみならず、心の問題・心理面へのアプローチも行います。