作業療法学科|大阪リハビリテーション専門学校

大阪リハビリテーション専門学校 OCR

作業療法学科

対象者に寄りそい、対象者と社会をつなぐ
「生活行為」を支援する作業療法士を育てます。

作業療法士は対象者と社会をつなぐ接点になるものと捉えています。なかでも生活の中での作業は、心身の自立に大きな影響を及ぼします。
作業療法士は、身体または精神に障害がある人々の身体・精神機能の回復や生活の質が向上するように、作業活動を用いた治療を行っていくのが仕事です。
OCRでは、知識や技術を習得することに加え、対象者のことを考えて行動できる問題解決能力、
時には上司や先輩に助言や指導を求めることができるコミュニケーション能力を携えた作業療法士を育てます。

作業療法学科 3つのポイント

Point 1face to faceで学びをサポート

授業や課題についての質問対応はもちろん、実習や国家試験対策まで対応。希望者には補修や個別指導も行います。

Point 2対象者来校による学内実習で即戦力養成

1年・2年次に学内で行う作業療法実習では、対象者に来校いただきます。学内の演習だけでは体験できない症状を学べます。

Point 3自ら学び続ける姿勢を育成

作業療法士はさまざまな症例・対象者と家族に向き合う仕事です。資格取得後も向上し続ける姿勢を育みます。

作業療法学科の主な職域

  • 医療
  • 介護保険
  • 行政
  • 福祉
  • 保健
  • 研究開発