作業療法学科
OCRなら夜間3年間で働きながらでも作業療法士を目指せる!

作業療法士とは

身体または精神に障害がある人々、または予測される人々に対して作業活動を用いて身体・精神機能の回復、日常生活や社会活動への適応を図るリハビリテーションの一分野です。作業療法とは日常生活動作、創作活動、趣味的活動など私たちが日常行なっている生活全てを指します。障がいを持った方の人生をサポートする、責任重大ですが非常にやりがいのある仕事です。
また、国家資格なので全国各地での勤務が可能、一生働けるメリットがあります。今、まさに求められている資格で、高齢化社会が進むにつれて需要はさらに高まっています。