教員紹介|大阪リハビリテーション専門学校

大阪リハビリテーション専門学校 OCR

教員紹介

教員紹介

OCRでは全教員が連携し、学生一人ひとりの学びを徹底サポート。
今も臨床の現場に立つスペシャリストならではの豊富な経験と知識で即戦力を磨きます。

教員紹介

PT

Department of Physical Therapy

理学療法学科

一人ひとりに向き合って、
一緒に考え、一緒に悩む

中平 剛志[担当科目]リハビリテーション概論・日常生活活動学・理学療法評価学Ⅰ

学生一人ひとりが入学までに歩んできた道のりは多彩で、新たに学び始めることへの強い意志の背景には大切なストーリーがあります。私たち教員はその思いを理解し、日々の指導に取り組んでいます。 理学療法は独学で身につけられるものではありません。他者との関わりを通じて、学んでいく必要があります。本校では「即戦力」となる人材育成をめざしていますが、「即戦力」とは常に自己を振り返り、自らを省み、前進するための行動がとれること。理学療法士という職業を選んで間違ったと感じることは皆無です。ぜひ挑戦してください。しっかりフォロー&サポートします。

太田 幸志[担当科目]理学療法評価学

理学療法士は対象者様の喜びを自分の喜びにできる仕事です。皆さんの道標となるように全力でサポートしますので頑張りましょう。意志あるところに道はあります。

大川 真司[担当科目]評価学(筋力)・評価学実習(骨・関節疾患)

これからの理学療法士は対象者様に寄りそうことはもちろん対象者様のニーズに応えることも求められます。一人前に育って欲しいので、教員一同全力でバックアップします。

西村 朋浩[担当科目]脊髄損傷の理学療法

私もOCR卒業生です。夜間3年間での資格取得はハードでしたが、仲間と協力し、競い合ってレベルアップできました。充実した3年間を過ごせる環境だと思います。

松井 奈穂子[担当科目]生活環境論・理学療法評価学Ⅰ

理学療法士は資格を取ってからも学ぶ姿勢が必要です。OCRで幅広い視野を持ち、常に自身を振り返り、課題を客観視し、成長できる技術・行動を身につけましょう。

笠原 弘樹[担当科目]老年医学・ADL実習

実習や講義のカリキュラムの充実、専任教員の結束力・対応力・フットワークの軽さが自慢できます。一人ひとりにベストな対応を模索し、全力で応援していきます。

稗田 奈緒[担当科目]小児科学・評価学(小児)・評価学実習(小児)

OCRは学生個々へのフォロー体制が整っている学校です。実習も多く、校内では学べないことも吸収できます。3年間で自分の理想の理学療法士像を見つけてください。

教員紹介

OT

Department of Occupational Therapy

作業療法学科

一人ひとりに向き合って、
一緒に考え、一緒に悩む

大友 健治[担当科目]解剖学・老年医学

高い現場力と国家試験合格率を強みとする本校では、学生が不安を抱かないように親身なサポートを教員一同心がけています。「どこがわからないかわからなくてもいいから相談を」と言っています。学生も皆まじめで授業中も真剣そのもの。教える側も身の引き締まる思いです。 学生たちにいつも伝えているのは「自分が受けたいリハビリを提供してください」ということ。患者さんに寄り添って生活の質の向上をめざすには、熱い心と冷静な頭が求められます。知識と技術も磨き続けなくてはいけません。卒業してからも勉強が続く職業ですが、患者さんの笑顔がなによりの原動力ですよ。

北田 泰敏[担当科目]基礎作業学総論・リハビリテーション概論

支えるというリハビリの奥深さを学んでください。そして病気や障害に目を向けるだけではなく、対象者様のストーリーと病気を共に語れる作業療法士になって欲しいです。

井上 大輔[担当科目]作業療法治療学運動系・運動学実習

作業療法士は身体や精神に障害を持った方がより良い生活を送るためのリハビリを行うやりがいのある職業です。3年間の勉強は厳しいこともありますが、密に指導します。

三原 美歩[担当科目]作業療法評価学運動系・生理学実習・介助犬・動物介在療法 他

作業療法の魅力について自分の経験をもとに伝えるようにしています。わからない点は理解できるまで指導するので、医学に無縁だった人でも安心して勉強に取り組めます。

島田 康雄[担当科目]作業療法評価学総論・作業療法評価学認知系・
作業療法治療学認知系・一般臨床医学・病理学概論

これからの作業療法士には少子高齢化などで大きな変化が生じる社会を支え、問題に対処する姿勢が求められます。このような視点を持って、ぜひ本校で学んでください。

丸田 千津[担当科目]作業療法治療学発達障害系Ⅰ・Ⅱ・人間発達学・小児科学 他

対象者様の思いに共感し、支援するために努力するセラピストへ。「あなたに会えてよかった」と言っていただける作業療法士をめざして、一緒に頑張りましょう。

日髙 愛[担当科目]生理学実習臨床ゼミ・基礎作業学各論・リハビリテーション医学

「作業療法士はいいこと探しをする職業」と学生たちにいつも話しています。学校では知識や技術はもちろん、この仕事の魅力や楽しさを学んでください。