OCRの学び|大阪リハビリテーション専門学校

大阪リハビリテーション専門学校 OCR

OCRの学び

OCRの学び

一人ひとりに「わかる」までとことん指導。
「厳しく、優しく」がOCRの教育です。

久々の学生生活、他分野の勉強、夜間の学校、国家試験…。不安はたくさんあるでしょう。
本校では、ドロップアウトを出さないように、教員・職員が一丸となって、バックアップ。
入学から国家試験合格の日まで、学生一人ひとりにじっくり丁寧に向き合います。

学びをあらゆる角度からサポート

1

教員と学生の近い距離

全ての学生の名前を教員・職員が憶えています。

個別指導を基本とし、3年間を通して担任制を導入しています。また、全教員が連携を取り、一人ひとりの学力や希望進路などを共有、学生が相談しやすい環境を作っています。疑問が出た場合は学生がわかるまで繰り返し指導を行うことを心がけています。

1学年 教員 学生
PT 8人 40人
OT 7人 40人

OCRの放課後は朝から授業が始まる直前まで。授業は夜間ですが、教員は朝から学校にいます。 わからない点があれば、時間に余裕を持って相談できます。

座学も学外実習もしっかりフォロー。放置せず、実りある学習につなげます。

わからない部分を放置しないように、授業や課題で疑問点が出たら、まずはメールで質問できます。 その後対面で相談、指導を受けることができます。また、学外実習では教員が現場に赴く以外に、メールや電話でアドバイス。即戦力を養うための指導も万全です。

学外実習
本校卒業生の在籍する学外実習施設
2

クラスの推進力

同じ目標を持ったクラスメイトと切磋琢磨。

少人数のクラスには、さまざまな経歴・年齢の学生が集まります。 国家試験合格という目標を持っているので、お互いに刺激を受け、助け合いながら、学習に取り組みます。

3

卒業生の支え

先輩卒業生がOCRで学ぶ後輩を応援。

本校で教鞭をとる教員や現役の理学療法士・作業療法士には本校卒業生が多数います。 座学、実習、国家試験などさまざまな面で学生をサポートします。

こんなに素晴らしい!3年制のOCRならではのポイント
  • 確実に資格がとれるポイント
  • 3年制でもより多くの実習時間を設定。学習内容、学習支援体制も充実している。
  • 授業が厳しい分、ドロップアウトを出さない工夫を凝らしており、
    個別指導&繰り返し指導を行う。
  • 最短でPT・OTになれて、働けるポイント
  • 学習期間は3年間に凝縮。4年制より1年早く社会に出て働ける。
  • PT、OTの初任給は350〜450万円。
    1年早く社会に出たら、学費も1年分カットできる上、自分の腕で稼ぐこともできる。費用面での負担が少ない。
OCRのドロップアウトを出さない工夫

学習に取り組むなかで一番の難問は、「わかないところがわからなくなること」。本校では、小テストによる苦手分野の早期発見&再テスト、メールでの相談受付、放課後の対面指導、わかるまでの繰り返し指導などさまざまな工夫でドロップアウトを出さないようにしています。

徹底的に指導を行い、一人ひとりが「わかること」に力を尽くしています。