エピソードトーク

本校の学生・卒業生に聞きました

フィットネスクラブで働いていたとき、お客さまが何らかの身体の不調を訴え、疾患や障害について相談にのることが多く、また、病気や怪我を理由に退会される方もいらっしゃいました。自分なりに身体のことについて勉強していましたが、もっと体系的に学びたいと思うようになり、理学療法士のカリキュラムは自分が求めていたものに一番近いと考え、目指すようになりました。
さまざまな学校のパンフレットを取り寄せたり、説明会に参加したり、実際に理学療法士として働いている方から話を聞いたりしました。その中で、OCRは実習が多く、先生方が熱心に指導されているという話をよく耳にしました。OCRで学べば、さまざまなフィールドで活動されている理学療法士と関わることができ、学生の内から広く視野を持てると考え入学することにしました。
西 正史
OCRでは自分で考える機会が多く、
実践的に学べます。
理学療法学科
西 正史さん
大阪府立急性期・総合医療センター 勤務/2012年卒業
現在、理学療法士として勤務し、疾患名や障害名が同じであっても同じアプローチでは改善が見込めないものだと実感しています。その点OCRでは、この疾患にはこの理学療法を行う、といったマニュアルを学んだ記憶はありません。その代わりに理学療法を行う上での思考過程、理学療法プロセスについて考える機会が多くありました。マニュアルは不要ではありませんが、OCRで学んできたことがいかに重要だったかと確認する日々です。理学療法士として働く基礎作りのためにOCRで学ぶことは有意義であると思います。
大学在学時にアルバイトで勤務していたスポーツクラブで理学療法士という仕事を知りました。スポーツクラブには疾患を持つ方も来られており、また、自分自身も高校時代に怪我の経験があり、より専門的で医学的な運動指導に興味を持ちました。人の身体の動きをより専門的に学ぶことができ、知識や技術をいかせるのは理学療法士という仕事だと思い、強く興味を持つようになりました。
自宅の近くだったからです。医療機器の販売会社で営業の仕事をしていましたが、仕事をしながら受験したため、準備不足で第一回目の受験は不合格となりました。学業と仕事の両立は想像していた以上にハードで、それまでの自分の考えが甘かったことを気付かされました。リベンジを目指して2回目の受験をし、OCR1期生としては不合格でしたが、2期生として無事に合格し入学しました。
北浦 重孝
今でも臨床に行き詰ると、
学生時代の資料を見返します。
理学療法学科
北浦 重孝さん
社会医療法人 愛仁会 訪問看護ステーション ほほえみ 勤務/2005年卒業
学校では人との関わりについて多くご指導を受け、実習もそれを意識してのぞんでいました。そのときの対象者との関わりを重視するという経験が今もいかされていると感じます。また、解剖学の授業も印象に残っていて、今でも臨床に行き詰ると解剖学に立ち返ることが多くあり、そのときの資料や知識が役立っています。学業と仕事の両立は大変でしたが、今までの人生の中で一番努力する機会を与えてもらえたと思います。そのときのハードな毎日は「自分でもこれだけがんばれるんだ」という自信につながりました。
自分自身のためになる以上に人のためになることが実感できる仕事がしたかったからです。中でも携わる分野、職域が広く、より人と密に関われる仕事を調べた結果、作業療法という職業が私にとって求めているものだと思いました。
OCRは第一線で活躍している現役の作業療法士が講師として指導してくださり、現場で使える知識を得たり、どんなセラピストになるかイメージするための情報収集ができると思いました。3年間で臨床の場に出るためのスキルが身につけられることも魅力でした。自宅からのアクセスが良好で、参加した説明会での学科主任の先生の人柄にも惹かれました。挙げるとたくさんでてきますね。
山形 恒平
臨床現場の第一線で活躍する
講師の指導が魅力です。
作業療法学科
山形 恒平さん
作業療法学科2年/大阪市立東高等学校 出身
3年間で学ぶ以上、必然的にタイトなスケジュールになり、覚えることも決して少ないとはいえません。しかし、計画立てて取り組めば働きながらでも単位をきちんと取得し、休日はゆっくり休むことも可能です。OCRはそれをフォローしてくれる環境が整っています。まずは国家試験に合格して卒業することが短期的な目標ですが、将来的に同業の方からも相談されるようなOTを目指しています。そのためにグループワークやプレゼンテーションなどは率先してこなしてより多くの経験、機会を得られるように心がけています。
家族が病気で入院し、同じような人たちの力になりたいと思ったことがきっかけでした。家族は精神科に入院していたので、作業療法士という職業を知り、目指すことにしました。
大学を中退して進学することを決めていたので、なるべく早く卒業したいと思い3年制のOCRを選びました。昼間働けて3年で卒業できる学校は少ないので大きな決め手になりました。
中山 陽加
効率良く学べるので、
大変でもがんばれます。
作業療法学科
中山 陽加さん
作業療法学科2年/北海道札幌南高等学校 出身
思っていた以上に勉強は難しく、仕事との両立は大変でしたが、先生方が要点だけをまとめた課題や小テストを実施してくださったので、がんばることができています。平日は朝からリハビリ助手のアルバイトをしているので、自宅で学習する時間はほとんどありません。なので、休憩時間に暗記物を見直したり、図書館へ走ったりして隙間の時間を活用しています。また、同級生の年齢層が広く、ほとんどの人が働きながら学んでいるので、わからないところを積極的に教えあったり、休日に集まって課題をしたりしました。