「教員研修会に参加してきました。」

理学療法学科専任教員の笠原です。

このたび、8月31日、9月1日に新潟県で開催されました、全国リハビリテーション学校協会が主催します。

「第30回教育研修大会・教員研修会」に今年も参加させていただきました。0912OCRPT②本会は1年に一回、全国のリハビリテーション養成校の

理学療法、作業療法、言語聴覚の教員の先生方が集り、

教育に関して学ぶ研修学会です。

今回のテーマは、「リハビリテーション関連職種の教育改革と卒前卒後教育の充実」です。0912OCRPT①現代社会は、世界でも先行する少子高齢化社会にあり、

世の中の流れ、変動に合わせ医療、福祉も変化をしなければなりません。

各専門職としての原則を重んじ、養成教育について常に考える必要があります。

会に参加し一教員として、現状にある課題点についての整理ができました。

自己認識の違いを正し、各講演を拝聴し、

また他校の先生方とも教育について話す機会を得、充実感がいっぱいです。

具体的には、

①医学教育内容の変革 

②学生の資質について

③卒前教育:指定規則の改定、検討(養成校機関、臨床実習機関)

④卒後教育:(レジデント制度の活用) 

⑤世界における日本のPT、OTの位置づけ

⑥専門職の需要と供給 

などを学び、今後の業務を行う上で、またとても良い刺激を頂けました。

当学会に参加をさせて頂き感謝を致します。0912OCRPT③

追伸:(やはり新潟のお米と、お酒はとても美味しかったです。元気になりました!)

夏の暑さも落ち着いてきましたが、皆様、どうぞお体にはお気を付けください。