ATCエイジレスセンターで勉強中

こんにちは。理学療法学科教員の松井です。

毎年恒例である、『生活環境論』の授業の一環として、

大阪南港にあるATCエイジレスセンターで見学を行いました。DSC_0478この授業では、対象者の取り巻く環境の中、より良い日常生活を過ごすために

社会制度を利用して住環境や福祉用具を選定するための知識や考えを学んでいます。

この施設での見学は、学内の設備だけでは学びきれない各種の福祉用具や住環境等を、

実際に見て体験することができる貴重な機会なので、授業の一環として取り入れています。

学生全員が普段何気なく過ごしている2㎝の段差やドアの開閉等、

色々な環境において車椅子での自走を経験し、移動の難しさを実感していました。DSC_0479DSC_0481また、高齢者体験や車椅子の介助等、多くの体験をさせて頂きました。

今回の見学を通して、学内では見ることができない多くの福祉用具を説明して頂き、

学生も興味津々にメモを取りながら学習していました。

私自身も引率をする中で、何度も見学をさせて頂いていますが

多くの福祉機器がある中、実際に目で見て触ることによって活かせる情報もあり、

毎回勉強をさせて頂いています。

文末となりますが、ATCエイジレスセンターの職員の皆様には、

大変貴重な経験をさせていただけたこと、深く感謝申し上げます。