3つのポリシー|大阪リハビリテーション専門学校

大阪リハビリテーション専門学校 OCR

3つのポリシー

3年間で即戦力となる人材の育成を。

大阪リハビリテーション専門学校では、教育活動の充実を目的として、
「3つのポリシー(アドミッションポリシー、ディプロマポリシー、カリキュラムポリシー)」を策定しました。

AP[アドミッションポリシー]

入学者受入れの方針

  • 本校が求める学生は、本校の教育目標に共感し、自ら考え行動しようとする学習意欲の高い人材。
  • 幅広い年齢の多様な経歴・目的意識をもった人材に広く門戸を開いている。
  • 本校において学びに必要な基礎学力を有し、人の為になるという教育目標を理解し、
    第三の医学であるリハビリテーション医学の中の理学療法士、
    作業療法士という専門職に求められる実務力と専門性を身につけようとする意欲のある人材を求めている。

DP[ディプロマポリシー]

卒業認定・学位授与の方針

  • 本校では、修業年限(3年)以上在籍し、各学科所定の単位数を修得するとともに、
    以下の素養を身につけ、卒業試験に合格した学生に対して卒業を認定する。
  • セラピストとしての倫理観。
  • 分かりやすく表現できる記述力、プレゼンテーション能力、およびコミュニケーション能力。
  • 学科が目標としたセラピストとしての能力。

CP[カリキュラムポリシー]

教育課程編成・実施の方針

  • 理学療法士、作業療法士になるために必要な医学や理学療法学・作業療法学全般について学ぶ。
  • 基礎分野、専門基礎分野、専門分野の3つの分野が有機的に結びつきながら学び、最終学年では臨床実習を中心に学ぶ。
  • 国家試験合格を最終目標に、座学と臨床実習の効果的な組み合わせの中、即戦力となる理学療法士・作業療法士に必要な知識と技術を学ぶ。