大阪リハビリテーション専門学校 OCR

在校生メッセージ・理学療法学科

先生方の厚いサポートで 高いモチベーションを持続。

理学療法学科 岡 珠実さん

理学療法士をめざしたきっかけは?
2016年の夏まで大学の薬学部に在籍、下宿していました。でも、家庭の事情で実家に戻らざるをえない状況になって中退したんです。
大学を辞めてすぐ就職という考えは頭にありませんでした。安定した資格を取って、社会に出たいと思ったのです。次の進路を考えている時に思い浮かんだのが理学療法士という職業。
大学生の時から、どんな職業か知っていました。薬学は身体の内から治すもので、理学療法は身体の外から運動などを加えて治すものだなぁと興味を持っていたんです。
医療職への憧れも捨てきれなかったので、これはもう理学療法士をめざすしかない!と思いました。
なぜ、OCRに決めたのでしょうか?
3年間で資格を取るための勉強ができるからです。
学校説明会で学長が「この学校にはやる気のある人を教員一同でサポートする体制が整っています」と熱意を込めてお話しくださったのも、心に響きました。
大学は挫折してしまった私でもこの学校でなら頑張れると感じたのです。また、昼間に働きながら学べるということ、アクセスが良いこと、国家試験合格率が高いことも魅力的でした。
OCRでの学生生活はひと言で言うと?
説明会で学長がおっしゃった通り、先生方のサポート体制が厚いです。勉強していてわからないところがあると、先生にメールですぐに質問できるし、授業開始前の自習時間にマンツーマンで指導していただくこともできます。
昼間働いている人でも、勉強しやすい環境だなと思います。こんな指導体制は今までの学生生活では経験したことがありません。
クラスメイトも、ほとんどの人が働きながら通学しているので、協力し合おうという意識が高いです。休日に集まって勉強会をするなど、テスト前の結束力と情報網はすごいです。
さまざまな経歴の人が集まる個性的なクラスですが、同じ志を持つ仲間と励まし合いながら頑張っています。このような仲間と出会えたことも大きな財産です。
将来の夢は?
信頼していただける理学療法士になるのが夢。
実習に行って、理学療法士は患者さんの人生や生活に大きく関わる仕事だと実感しました。
治療は患者さんと二人三脚で行うから、信頼関係を築くことは不可欠です。整った環境下で学習できるこの学校で、知識や技術などたくさんのことを吸収して、信頼される理学療法士になりたいです。

PAGE TOP