大阪リハビリテーション専門学校 OCR

在校生メッセージ・理学療法学科

サービス業からサポート業へ。
人の身体を知り尽くして役に立ちたい。

理学療法学科 奥田 志帆子さん

理学療法士をめざしたきっかけは?
実は、1度就職をしています。手ぬぐいやふろしきを扱う京都の会社で販売職に携わっていました。2年間ほど勤めましたが、いろいろ思うところがあって四国の実家に戻ることにしたんです。
四国では、アルバイトをしながら将来を模索する日々を過ごしていました。もともと興味のあった身体についての専門知識を勉強したいと考えるようになったのは、その頃。「次に働くなら、サービス業ではなく、サポート業」という強い気持ちがあったので、大阪で勉強することを決意しました。
理学療法士への扉を拓いてくれたのは、アウトドアショップでのアルバイト。身体になるべく負担がかからない靴や用具のことをお客様に聞かれて調べるうちに、理学療法士という職業を知ったのです。
漠然と身体の専門家として人々の暮らしをサポートしたいと夢見ていたのが、具体的な職業に結びついたと思いました。
なぜ、OCRに決めたのでしょうか?
OCRに惹かれたのは昼間働きながら学べる点。1度社会人を経験しているので、できるだけ早くまた社会で働きたいと考えていたので、3年間卒業というのも魅力に感じました。
実習時間が多く、学生のうちから臨床現場を見ることができるのも決め手になりました。
OCRでの学生生活はひと言で言うと?
入学前は3年間で資格取得にたどり着けるのかな?と不安もありました。でも、入学後にそんな気持ちは吹き飛びました。
授業も濃密で「こんなに勉強しなくてはいけないの?!」と毎日思っています。でも、わかりやすく教えてくださるし、まめに小テストがあるので自分が何を理解できていないのかも把握できます。
学校全体でサポートしてくださるので、ちゃんと勉強しなくては!という意識を持てますね。
将来の夢は?
リハビリというと、身体機能が低下した人のサポートが主流で、理学療法士の仕事場も、病院や施設が多いです。
身体が悪くなる前に予防的なサポートをする理学療法士になるのが私の夢。
そのために、まずは病院で働いて、たくさんの症例を見て、経験と知識を積んでいきたいです。

PAGE TOP