OCRの作業療法学科は、
WFOTの認定校です。

WFOTとは、世界作業療法士連盟(World Federation of Occupational Therapists)という国際的作業療法士の団体のことで、作業療法の国際的な推進を行うことを中心に、作業療法の普及や発展・教育研究水準の維持・改善などを目的とする組織です。 認定を受けるには、教員数・カリキュラム・臨床実習時間数などの様々な条件が定められおり、その教育研究の水準の高さの証明書といえます。

対象者に寄りそい、
対象者と社会をつなぐ
「生活行為」を支援する
作業療法士を育てます。

作業療法士は対象者と社会をつなぐ接点になるものと捉えています。なかでも生活の中での作業は、心身の自立に大きな影響を及ぼします。作業療法士は、身体または精神に障害がある人々の身体・精神機能の回復や生活の質が向上するように、作業活動を用いた治療を行っていくのが仕事です。OCRでは、知識や技術を習得することに加え、対象者のことを考えて行動できる問題解決能力、時には上司や先輩に助言や指導を求めることができるコミュニケーション能力を携えた作業療法士を育てます。

作業療法学科 3つのポイント

face to faceで
学びをサポート

授業や課題についての質問対応はもちろん、実習や国家試験対策まで対応。希望者には補習や個別指導も行います。

対象者来校による
学内実習で即戦力養成

1年・2年次に学内で行う作業療法実習では、対象者に来校いただきます。学内の演習だけでは体験できない症状を学べます。

自ら学び続ける
姿勢を育成

作業療法士はさまざまな症例・対象者と家族に向き合う仕事です。資格取得後も向上し続ける姿勢を育みます。また、卒業生向けの勉強会も随時開催しています。

作業療法士の主な職域
医療 介護保険
行政 福祉
保健 研究開発

座学に加え、学内で
対象者実習を実施。
早い段階からプロに必要な
即戦力を鍛錬!

第一線で活躍する現役作業療法士である教員が、現場で必要な知識や技術を教えます。1・2年次の学内実習で実際の対象者と関わりを持つことで、作業療法士に求められる技量を身につけます。

3年間の臨床実習・学外実習
を含めた実習時間
実習経験で即戦力を育成、卒業後の進路の決め手にもなる。

実習の間の「学内演習」は実習における一人ひとりの問題に学校で対応し、それぞれの課題の対策を行います。実習終了後の「学内での実習のまとめ」は、実習で体験してきたことの報告会や実習の振り返りを行います。

1年次学内実習90時間

1年次は、医療従事者として対象者との関わり方について学びます。実際に対象者の方に本校へお越しいただき、
作業療法に必要な様々な検査などを学習します。(学内実習90時間)

2年次学内実習90時間・学外実習45時間

2年次は、授業で学んだ評価方法を対象者の方に対して実施。評価結果に対して、
問題点を引き出し目標設定やプログラムの立案を行います。(学内実習90時間)(学外実習45時間)

3年次学外実習1080時間

3年次は、近畿地区を中心に学外施設へ出向いての臨床実習を行い、実習施設の作業療法士の指導のもとで、
対象者に作業療法を実施します。卒業生を中心に実習指導を受けます。(学外実習945時間)

実習前には準備指導

関西を中心とした一般病院やリハビリテーション施設、介護老人保健施設などで実習を行います。
実習に行く前には、臨床現場の先生に来校いただき、作業療法士としての基本的な態度や対象者との関わり、障害の捉え方について学びます。

実習期間中も手厚くサポート

実習先の施設に教員も同行し、学生が現場に慣れるまでフォローします。
実習現場に同行していない場合でも、メールや電話で常にサポート。対象者の方々や実習指導者の先生との関わりを通して、現場で様々な経験を積み、実践力を養えるよう、学生一人ひとりを指導します。

実習後も振り返り指導

実習が終了したら、それで終了ではありません。
実際の現場で使用するものと同じ形態で、症例報告書を作成し、実習で学びを深めることができたか、確認します。学習が必要な場合は個別指導を行い、成長を促します。

豊富な授業時間数で、
みっちり指導

3年間の授業は、厚生労働省が定める101単位(臨床実習の22単位を含む)を大きく上回る124単位を確保。医療現場での即戦力を目標に、授業科目も4年制の学校と遜色ない内容を実現しています。

(カリキュラム例)

1年次

解剖学実習

標本模型を目の前に、骨や筋肉の名前や場所を憶えます。実際に触れ、見ることで学びを深めます。

  • 自然科学概論
  • 医学英語
  • 情報処理
  • 心理学
  • 人間関係学
  • 生命倫理学
  • 解剖学実習
  • 生理学実習
  • 運動学総論・各論
  • 臨床心理学
  • 人間発達学
  • リハビリテーション医学
  • リハビリテーション概論
  • 作業療法実習Ⅰ・Ⅱ
  • 作業療法概論
  • 作業療法評価学総論
  • 基礎作業学総論
  • 臨床ゼミナールⅠ・Ⅱ など

2年次

基礎作業学総論

作業療法の臨床現場で用いる手芸を学びます。手指の動きなどを科学的に分析する力も養います。

  • 神経内科学
  • 運動学実習
  • 精神医学
  • 整形外科学
  • 内科学
  • 脳神経外科学
  • 老年医学
  • 一般臨床医学
  • 作業療法実習Ⅲ・Ⅳ
  • 作業療法評価学
  • 日常生活活動学
  • 作業療法治療学
  • 地域作業療法学
  • 基礎作業学各論
  • 介助犬・動物介在療法
  • 障害者スポーツ など

3年次

作業療法治療学

実際の治療のありかたや考え方を学び、各対象者に合うプログラム立案ができるように学習を進めます。

  • 臨床実習Ⅰ(7週間)
  • 臨床実習Ⅱ(7週間)
  • 臨床実習Ⅲ(7週間)
  • 国試対策ゼミナール

※3年次は、昼間の就学となります。

基礎分野
専門基礎分野
専門分野
臨床実習

1年次・2年次 授業時間(月~土)

  • 始業

    18:00~

  • 終業

    22:00

1限目18:00~19:30
2限目19:40~21:10
3限目21:15~22:00

授業が行われるのは夜間です。朝から授業が始まる直前までが放課後になります。教員は朝から校舎内にいるので、時間に余裕を持って個別指導が受けられます。

※授業によって、16:20~や土曜日(昼間)に開催する場合があります。詳しくは夜間個別相談やオープンキャンパス、入試・入学説明会でご確認ください。

徹底した個別指導と
リピート学習!
これが国家資格合格への近道!

国家試験対策を1年次から実践しています。グループ学習やマンツーマン指導などを行い、毎年。全国平均を上回る国家試験合格率を維持しています。また、一人ひとりの適性を考えた就職指導で高い就職率を実現しています。

1年次

国家試験対策として解剖学・生理学・運動学は過去の頻出傾向を分析し、頻出項目を中心にくり返し学習します。

サポート/プログラム
基礎科目の徹底
国家試験に対応したテスト
個別指導

2年次

引き続き国家試験対策を行うとともに、実習に必要な知識や技術を身につけます。現場で活躍する作業療法士の講義も多く取り入れています。

サポート/プログラム
実習に必要な技術の習得
専門的知識の学習

3年次

945時間の臨床実習を行うことで実際の作業療法を学び、即戦力の作業療法士を目指します。

サポート/プログラム
豊富な臨床実習
実習中の相談対応
卒業生中心の実習指導

国家試験受験

模擬テスト、グループ学習をくり返し行います。結果より苦手分野に対して補習も行います。

サポート/プログラム
多くの模擬テストを実施
過去の頻出項目の反復学習

就職

全国から届く求人票をもとに専任教員との面談を繰り返しながら就職先を確定します。採用試験に向けた個別指導も充実しています。

サポート/プログラム
就職ガイダンス
個別指導(履歴書の作成、面接試験対策)

対象者実習

作業療法士として
必要な技術・姿勢を高める

OCR独自の取り組みとして、障害をお持ちの対象者にご協力いただく作業療法実習(1・2年次)があります。対象者に来校いただき、学生が検査・評価を実施した後、対象者から学生に直接フィードバックを受け、作業療法士に求められる技術や心構えなどを得ることを目的にしています。学内の演習だけでは体験できない対象者の症状を学ぶこともできます。

作業療法学科

内海 啓明 さん

働きながらしっかり学べる環境

昼間は児童療育センターで働いているので、夜間の学校が絶対条件でした。両立は簡単ではありませんが、OCRは先生の丁寧な指導やサポート体制で、しっかり学べる学校。作業療法士になるという夢に向かって頑張れます。

作業療法学科

杉谷 美貴さん

同じ境遇の仲間と切磋琢磨

3年間で学ばなくてはならないので勉強はハードです。でもクラスメイトも社会人が多く、励まし合いながら頑張っています。時には悩みごとを相談することも。授業もわかりやすいので、学びが深まっているなと感じます。

卒業生が発信。
「OCRで学んでよかった!」

3年間、OCRで学びを深め、現在作業療法士として活躍する卒業生にOCRの魅力、学生時代の思い出、作業療法士の奥深さについてお話を聞きました。

医療法人讃和会 友愛会病院 勤務 作業療法学科 2015年卒業

上之原 由佳 さん

OCRは新たな一歩への入り口。
悩んでいるなら挑戦を。

入学前は身体や精神に障がいがある人を支援する施設で働いていました。OCRに入学したのは作業活動を通じて日常生活や社会生活への適応を図る分野を勉強したくなったから。「通勤通学に便利」「3年間で卒業」「夜間」が他にない魅力でした。実際、久々の勉強は想像以上で、何度か投げ出しそうになりましたが、先生や仲間のサポートで乗り越えられたと思っています。有意義な学生生活を送ることができ、挑戦して良かったです。実習も多く、自分がめざすべき作業療法士の姿を徐々に固めていけました。現在の職場は回復期リハビリテーション病棟。リハビリはマンツーマンで行うことが多いので、患者様の思いを大切にすることを心がけています。患者様とナースやドクターの架け橋になれたら、と思っています。

先輩の履歴書
京都府立田辺高等学校卒業
花園大学卒業
福祉関係の施設で15年間勤務
本校卒業
医療法人讃和会 友愛会病院 勤務
医療法人京昭会 ツヂ病院 勤務 作業療法学科 2017年卒業

山田 久美子 さん

先生や仲間がいたから、
苦手な勉強も頑張れました。

以前の職場ではやりがいを感じられず、「一生続けられる仕事を」と思い、作業療法士をめざしました。OCRに惹かれたのは早く資格を取って働きたい、昼間はバイトもできると思ったから。不安も大きかったけれど学校説明会で「社会人として頑張ってきたのだから大丈夫!」と言われたのも心強かったです。在学中の思い出は実習。現場で患者様と目標を共有して、やり遂げることができた時は、いい仕事だなと心底思いました。患者様にリハビリを指導するのではなく、患者様が自らやる気を持ってリハビリに取り組めるよう、さりげなくサポートしている作業療法士の先輩を見たことも刺激になりました。作業療法士として働き始めてまだ数ヶ月ですが、やりがいを十分感じている毎日です。

先輩の履歴書
暁星女子高等学校卒業
短大卒業
不動産会社など数社で勤務
本校卒業
医療法人京昭会 ツヂ病院 勤務
医療法人紀和会 正風病院 勤務 作業療法学科 2017年卒業

石村 恵 さん

患者様の気持ちをやわらげて
ともに歩む存在でありたい。

高校を卒業してすぐに入学した私は、学生の年齢が幅広く、社会人経験者も多いので心細さを感じていました。でも学校全体があたたかい雰囲気で、不安は吹き飛びました。実技でうまくできなかった時もクラスメイトがサポートしてくれたし、実習で悩んだ時も先生が親身に相談にのってくれました。ひとりで勉強しているのではない、みんなで目標に向かっていると感じました。実習先が多いので、自分の希望を探しやすいのも魅力。実は、就職はどの分野に行こうか迷っていたのですが、実習先の回復期病院で、患者様といっしょに作業をする達成感を得て、身体障害者領域に行こうと決めました。もっと経験を積んで、病院で緊張している患者様に寄り添う存在になりたいと思っています。

先輩の履歴書
鹿島学園高等学校卒業
本校卒業
医療法人紀和会 正風病院 勤務